カテゴリー
あしたばのつぶやき

最近の相談事例・・・

昨年からのコロナ禍で増えてきているご相談・・・

それは 「家族はいるのだけれど・・・東京或いは県外にいるため、緊急事、入院時にすぐに駆けつけられない。」

または、「県外に居住している家族・親族は保証人として認められない」と病院・施設から言われてしまった。「高齢で独り住まいなので、急に心配になって・・・」

このようなご相談が増えてきております。当会は、身元保証・生活支援・葬送支援の3本を柱として、ワンストップの支援をいたしております。

しかしながら、上記のようなご相談は、身元保証だけを引き受けてもらえるのか、ということです。

ご心配ございません、身元保証だけでももちろんお引き受けしております。日常生活は、全く問題ないので生活支援は必要になってからお願いしたい、葬送支援までは必要ない・・・このような内容です。

私どもは、高齢者皆様のお困りごとを解決するためにございます。どんな些細なことでもご相談ください。

今日は、ある利用者様から、電球交換を頼みたいとご連絡がございました。白色の蛍光灯は目が疲れるし、夜もぐっすり眠れないので、オレンジ色の蛍光灯に交換してもらえないか、という依頼でした。できれば、今日すぐにやってもらえないかということでしたので、快くお引き受けいたしました

日々、さまざまな困りごとのご依頼がございます。どうぞ、ご遠慮なくお電話ください。

誰かに話すだけでも、気持ちがスッキリしますよ。